いわき市平掻槌小路(さいづちこうじ)にある、あすなろ司法事務所。身近な相談窓口として登記・遺産・相続・借金・不動産のことなら気軽にご相談ください。

【ご挨拶】
こんにちは!司法書士の増子律夫(ましこりつお)です。
皆さんの身近には気軽に相談できる法律家はいますか?
あすなろ司法事務所は皆さんにとって一番身近な法律家になるようスタッフ一同、日々業務に励んでいます。
生活のこと、会社のこと、なんでもご相談ください!
画像1

いわき駅・裁判所から徒歩5分

画像2

駐車場4台駐車可能です。

画像3

秘密厳守・安心してご相談ください。

ピックアップニュース

2010.11.24

あすなろ事務所のできること その2

皆さんこんばんは!あすなろです。
さて今回は①亡くなる前にできる相続手続のお話です。

遺言」という言葉は誰しもが耳にしたことはあると思います。
ただ、「自分には遺言なんて関係ない」と思っていませんか?

遺言は決してたくさんの財産を持っている方のためにある制度ではありません。
たとえば欧米では遺言があるのがあたりまえの国がほとんどなんだそうです。
結婚にも契約書を作る…なんてことは日本ではあまり想像できませんが、遺言は諸外国を見倣うべきです。

「口では長男に全部財産をやると言っていたけど遺言が無いからなあ…」

「数十万円の銀行預金が親族の協力が無いからおろせない!遺言があったらなあ…」

「お父さんは本当はどう思ってたんだろうねえ。突然亡くなってしまったから…」
このようなことは日常茶飯事です。

遺言は遺族への思いを形にすること
です。

たとえほとんど財産が無くても、遺言で家族にメッセージを遺す。
ましてご自宅がある方や預金が数百万円ある方、事業をなさっている方についてはできれば必ず作っていただきたいほどです。

また、生きている間は伝えられなくても遺言でなら伝えられることがあるのではないでしょうか。

遺言を作るのに年齢は関係ありません。
皆さんも遺言について考えてみませんか?
あすなろ事務所がそのお手伝いをさせていただきます。